探偵に浮気調査を依頼したら年下の男と不貞していた妻

 妻がマイホームを持ちたいというので、残業をがんばり、毎日仕事に没頭した。妻を人生における最良のパートナーだと信じていたからこそ、毎日仕事をがんばる事が出来た。だからこそ、『妻が知らない男とラブホテルに男と入ってた』と同僚に言われたとき頭が真っ白になった。とても信じられなかったが、嘘をいう男ではないので、どうすればよいか毎日悩み仕事にも支障が出るようになった。これではいけないと思い、白黒はっきりさせようと探偵を雇った。

 費用は見積もりの段階で50万弱ほどかかり、たいしたお金だったが、これ以上どっちつかずの気持ちでモヤモヤしているならばと思い切って調査を依頼した。白であってほしいという私の気持ちはあっさり裏切られ、妻は私より一回り下ほどの若い男と不貞を重ねていた。黒だとはっきりした日は仕事を休み、漫画喫茶で一日中寝ていた。働いている意味すら分からなくなったのだ。1日中コーラを飲んでいた。

 次の日私は妻に全ての証拠をつきつけ、離婚すると宣言した。彼女は泣きじゃくっていたが、私は彼女を汚物にしかみえず、その後淡々と離婚の処理をした。彼女を身一つで実家へ帰し、家の財産は全て私のものになった。その時はむなしさだけが残ったが、冷静に振り返ると探偵に頼み白黒はっきりさせてよかったとしみじみ思う。

■金額などはあくまでも目安です
 探偵社によっても金額が異なりますし、浮気調査にかかる人手、時間、期間、場所、など全ての条件が異なりますので、当サイトにある金額の記載に関しては参考程度に留めておいてください。調査費用は大きく異なる恐れがありますので、ご了承ください。

↑ PAGE TOP